有限会社 建栄|春夏秋冬を楽しむ家づくり

お問い合わせは電話番号03-3576-1571(受付時間/9:00〜18:00まで(日曜定休))まで

都心の狭小地に“季節の移り変わりを感じられる家”をつくる!
巣鴨にあるアーキテクトビルダー(設計事務所+工務店)の建栄です。

都心の狭小地に“季節の移り変わりを
感じられる家”をつくる!

閉じる

施工事例

駅近の住宅密集地に建つ中庭にヤマボウシが繁る家

玄関にはたくさんの木々が。移り変わっていく季節を身近に感じられます

玄関まわりの植栽は、イロハモミジとジューンベリーとハナミズキです

イロハモミジの葉が、黒い壁と美しいコントラストを描いています

樹の緑が映えるように、黒と白のツートンカラーの外壁を選びました

玄関ポストと、その下に植えられたアジサイ。6月~7月は見事な花を咲かせます

玄関を開けると目に飛び込んでくる緑。床はチェリーの無垢材のフローリングを使用

作りつけのキッチンのカウンターも、床に合わせてチェリーの無垢材で

白い壁とナチュラルなフローリングが調和した、ゆったりとしたキッチン

陽光がたっぷりと差してくる明るいリビングです

リビングのテレビの上にある小窓からは、イロハモミジの緑がのぞきます

1階南側にはウッドデッキ。ここからはオリーブとブルーベリーの木が眺められます

子ども部屋。子どもの成長に合わせて、いずれ真ん中で仕切れるようにドアを2つ設置しています

植栽のオリーブ。木が大きく育てば、もっと涼しげな木陰をつくっていきます

上連雀コートハウス豊島区S様邸

データ

敷地面積

106.99m²(32.3坪)

延床面積

84.46m²(25.5坪)

竣工年月

2012年3月

コメント

植栽をたっぷりと施した、緑と木漏れ日があふれる住宅です。しかも、通りを行く人とは視線を合わさずにこれらの草木を楽しむことができる配置になっています。また、家に近づくにつれて部屋の灯りが見えてくるように灯りを配して、帰宅するのが楽しみになるような工夫も。家のあちらこちらに、陽光のあたたかみや自然の息吹を感じられます。

お問い合わせはここらから