有限会社 建栄|春夏秋冬を楽しむ家づくり

お問い合わせは電話番号03-3576-1571(受付時間/9:00〜18:00まで(日曜定休))まで

都心の狭小地に“季節の移り変わりを感じられる家”をつくる!
巣鴨にあるアーキテクトビルダー(設計事務所+工務店)の建栄です。

都心の狭小地に“季節の移り変わりを
感じられる家”をつくる!

閉じる

施工事例

2つの中庭で開放感あふれる、平屋建て風の個性的な家

ガルバリウム鋼板の屋根と、ワラを混ぜた墨色の左官壁の外観。シックながらもぬくもりを感じます。

中庭部分の屋根は、切り抜いたように仕上げてあるのが印象的です。

中庭に面したリビングは光がたっぷり採れる明るいスペースに。床は無垢のカラ松を、壁はAEPの塗装で仕上げています。

リビングの一部は畳を使った空間に。木製サッシの2つの窓は、建物を外から見た時のアクセントにもなっています。

4人家族のM様邸に2つある子供部屋のうちの1つ。壁の穴は子供達がお互いの部屋を行き来できるヒミツの抜け道です。

リビング横の中庭は、お施主様が自ら植栽される予定です。四季折々の景色が楽しめそうです。

2階バルコニーから見下ろした中庭。家の中心に配置した中庭を通じて家中がつながっているのがわかります。

光が差し込む2階バルコニーです。道路側でなく中庭に面しているため、住宅密集地でもプライバシーを確保しています。

2階のバルコニーに面したフリースペースです。ホワイトボードは子供たちが自由に落書きするためのもの。

2階の主寝室です。夫婦それぞれのウォークインクローゼットが設けられています。

1階奥の洗面と浴室スペースの横にも中庭を配置することによって、暗くなりがちな建物奥の空間も明るく風が通ります。洗濯機のすぐ横に洗濯を干せるのもメリットです。

玄関は8寸角のケヤキ框を配した墨色の土間に仕上げました。アイアンとレトロガラスの照明で彩りを添えています。

今戸コートハウス 墨田区M様邸

データ

敷地面積

128.32m²(38.81坪)

延床面積

122.55m²(37.07坪)

竣工年月

2016年4月

コメント

平屋建てが大好きなご夫妻がデザインにこだわった、平屋風の住宅です。建物の奥は2階部分があるものの、道路側から見ると平屋建てに見えるのが特徴。住宅密集地にありますが、家の中は開放感にあふれ、2つの中庭がさらにお部屋に明るさをもたらしています。

お問い合わせはここらから