有限会社 建栄|春夏秋冬を楽しむ家づくり

お問い合わせは電話番号03-3576-1571(受付時間/9:00〜18:00まで(日曜定休))まで

都心の狭小地に“季節の移り変わりを感じられる家”をつくる!
巣鴨にあるアーキテクトビルダー(設計事務所+工務店)の建栄です。

都心の狭小地に“季節の移り変わりを
感じられる家”をつくる!

閉じる

施工事例

将来は賃貸併用住宅に。13坪の変形狭小地を最大限に活かした家

3階部分の突き出したバルコニーと、2階の出窓がアクセントとなった特徴的な外観です。外装材はモルタル下地、弾性リシン吹き付けでさらっとシンプルな印象です。

愛車スペースは車を出し入れしやすい配置にこだわりました。さらに、13坪とは思えない3LDKの間取りを実現しています。

道路に面しているため目隠しを設置しています。色はシックな「墨色」で、外観の色と変化をつけて奥行きを感じられるレイアウトに仕上がっています。

内側からみた目隠しです。コンクリートブロックをモルタルで平滑にした上で、セラミックシリコン塗装を施しています。

コンパクトながら機能的な玄関です。奥の洋室は、将来賃貸にもできるように水まわり設備も作りました。

1階北側の約5.4帖の洋室。将来賃貸ルームとして貸し出せるようにシャワースペースを設置しています。

0.5帖の大きさにすっぽり収まるシャワールームです。

賃貸用のミニキッチンも設置しています。

2階にある約10帖のLDK。写真はないですが、LDKの反対側に洗面スペースと浴室をレイアウトしています。

3階北側の約5帖の洋室。ロフトの上に天窓を設置して採光しています。

3階南側の和室の入口。右側の扉はトイレです。

和室は6帖と少しの大きさがあります。1帖分の押し入れと階段上収納も確保しました。

雑司ヶ谷キャンティ 豊島区S様邸

データ

敷地面積

44.39m²(13.43坪)

延床面積

68.89m²(20.84坪)

竣工年月

2016年9月

コメント

S様は夫婦とご長男1人の3人家族。建て替えでの家づくりでした。
「毎週末は別荘に出かけるため、東京の家は小さくてもよい」「老後資金はそのままに、支払い負担がないようローコストで家を建てたい」というご要望をもとに設計しました。
土地の敷地は13坪。道路から奥に向かってきゅっと狭くなる変形狭小地。その中に、車を止めるスペース+3LDKを実現しました。
設計のポイントとなるのは、厳しい道路斜線制限をクリアした上で、家全体のボリュームを確保したこと。1階の、車を出し入れしやすい場所に愛車スペースを配置し、それに基づき玄関の位置・階段の位置を配分しました。動線を整理して、極力廊下スペースのない間取りになっています。
また、1階にある息子さんの部屋は、将来賃貸物件として活用することも視野に入れ、玄関と水まわり(ミニキッチン、シャワールーム、トイレ)も完備しています。
土地の広さに制限があり、それぞれのスペースがどうしても小さくなってしまうので、その中でも住む人の目に見える風景がぶつ切りにならないよう、視覚的な広がりを意識した設計を行いました。

お問い合わせはここらから